横浜市中期4か年計画2018~2021について

横浜市は2018年から2021年までの今後の4カ年計画についてをまとめた
「横浜市 中期4か年計画2018~2021(原案)」を9月4日に発表しました。

リンク:http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/seisaku/chuki2018-/

この計画案では、人口減少・超高齢社会やグローバル化を見据え「将来に向け、横浜をさらに飛躍させていくため」として、6つの戦略を設定。
5月9日に計画素案が発表され、市民からの意見募集・検討が行われ計画原案がとりまとめられました。

横浜市中期計画

この計画案では神奈川東部方面線(相鉄都心直通線)および、
新横浜周辺と綱島・日吉地区と連携した市街地開発についても述べられております。

神奈川東部方面線の整備による交通利便性の向上を生かし、沿線のまちづくり進めます。
新横浜都心では、商業・業務機能の集積や、市街地開発によりと新機能の強化を推進するとともに、
新横浜都心と直結することとなる日吉・綱島地区では、新綱島駅周辺での市街地開発など、地区のポテンシャルをいかすまちづくりを進めます。

 

横浜市中期計画3

 

この中期計画は、平成30年第3回市会定例会に議案として提出しされ議決が経られた後に公表される予定です。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください