相鉄都心直通線を走る新型車両12000系が来年春から運転開始

相鉄都心直通線を走る新型車両12000系が来年春から運転開始

本日(10/3)、相鉄都心直通線を走る 「12000系」を来年春に導入することが発表されました。

相鉄JR直通線車両

相鉄・JR直通線用新型車両 「12000系」を来年春に導入 前方監視カメラと車内防犯カメラを初めて採用https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/181003_01.pdf

 

2019年下期開業の相鉄・JR直通線用の車両

この車両は、2019年度下期に開業予定の相鉄・JR直通線用の車両で、駅舎や車両、制服、商業 施設等のデザインコンセプトを統一し、グループの認知度・好感度の向上を図る「デザインブランドアップ プロジェクト」の概念に基づいて製造するものです。新型車両としては、2022年度下期に予定して いる相鉄・東急直通線用の車両として今年2月にデビューした「20000系」に続くものです。

20000系はグッドデザイン賞受賞

以前当サイトでも紹介した相鉄・東急直通線用の新型車両「20000系」はグッドデザイン賞を受賞しました。
以前の記事(相鉄都心直通線を走る新型車両が運転開始)

2018年度グッドデザイン賞を受賞 自動車を思わせる前面の造形や開放的な車内を高く評価
https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/181003_02.pdf

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください