駅前地区の名前が『HAZAWA VALLEY』に決定

羽沢横浜国大駅前の再開発地区の街の名称が決定しました。
街の名前は「HAZAWA VALLEY(ハザワバレー)」です。

羽沢バレー

名前の由来
江戸時代にはここ一帯に、「羽沢(はざわ)」という地名がついていました。そんな歴史ある地名を継承しながら、米・カリフォルニア州にある、IT企業やスタートアップ企業が集積するシリコンバレーになぞらえて「HAZAWA VALLEY(ハザワバレー)」という街名が付けられました。様々な人やモノ・コトが集まり、新しい価値観やライフスタイルの発信源となる街を目指しています。

以下の画像のエリア(赤枠部分ではありません)が今後「ハザワバレー」と呼ばれることになります。
ハザワバレー

羽沢バレー公式サイトも開設

HAZAWA VALLEY公式ホームページ
http://www.hazawavalley.jp/index.html

公式ホームページも開設されていました。
トップページはアニメーションもありすごく豪華で凝った作りとなっております。

アニメーションは相鉄直通線の電車が羽沢横浜国大駅に向かうところから始まり、
最終的に「ハザワバレー」の駅と駅ビルでアニメーションが終わるという内容になっていました。
駅ビルは中心に配置されており、非常に存在感があります。

ハザワバレー

今回の公式ホームページ開設により、今後の再開発に関する情報を公式的に外部に発信されるようになるため、
現在、羽沢横浜国大駅周辺に住んでいる方々や今後このエリアに住みたい方々にとっては非常に重要なサイトになっていくと思います。
特に駅前高層ビル開業に関する情報が発信されるのは、今後の買い物に関する利便性が上がることが実感でき非常に嬉しいです

今後も公式ホームページで最新情報がありましたら、本ブログでもお知らせいたします。
また、次回はハザワバレー公式HPで新たに明らかになった情報をまとめてお送りします。