相鉄 都心直通線にも使われる新型車両導入が延期

相模鉄道(相鉄)は2017年12月21日(木)計画中の相鉄都心直通線(相鉄・JR 相鉄・東急)にも
使用される新型車両20000系の導入延期の発表がありました。

<新型車両 20000系>

http://www.sotetsu.co.jp/design-pj/20000/

当初、20000系は、相鉄グループ創立100周年を迎える2017年12月に導入予定でしたが、車両設備の調整などに時間を要したため、2018年2月11日から営業運転を開始すると延期の発表しました。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください