相鉄・JR直通線用の新型車両「12000系」の導入

2019年度下期に開業予定の相鉄・JR直通線用の新型車両「12000系」が
今年度中に導入されることが相鉄より発表されました。

ニュースリリース:相模鉄道
http://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/180426_04.pdf

今年度の導入は1編成10両とのことです。
また、相鉄グループでは、2018年度に鉄道事業とバス事業において、総額126億円(鉄道事業115億円・バス 事業11億円)の設備投資が行われるようで
安全性向上のためにホームドア設置(2022年度末完了予定)、車両機器や電気設備の更新等が行われます。

・「12000系」はどのような車両なのか

相鉄・東急直通線用20000系と同じく以下画像のようなデザインになる予定ですが、
以前、相鉄の社長が「12000系はデザインを少し変更」する旨のコメントもしてたので、
どのようなデザインになるのかは期待が持てそうです。

相鉄新型車両

20000系についての以前の記事

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください