羽沢横浜国大駅の周辺の人口動態について(2021年)

周辺の人口動態

あけましておめでとうございます。
2022年 初投稿となります。

2021年の羽沢横浜国大駅周辺の人口動態について調査してみました。
2020年の調査を行っていなかった為、2年ぶりの調査となります。

過去の2019年、2018年、2017年のページは以下をご確認ください。
2017年
2018年
2019年

調査方法

対象町:羽沢南1-4丁目、三枚町、羽沢町
新駅が建設予定の場所(羽沢南2丁目)から大体徒歩15分圏内を調査対象地域としました。

対象期間:2010年3月〜2021年3月
相鉄都心プロジェクトが公表された2010年からのデータを調査しました。

横浜市神奈川区の人口動向データを使用
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/yokohamashi/tokei-chosa/portal/jinko/chocho/juki/h31cho.html

調査結果

羽沢横浜国大 人口動態

2017年から続いて、全体としては大きな動きはありませんでした。

エリア別だと三枚町エリアはかなり人口が増加しております。
三枚町は場所によっては、片倉町駅(ブルーライン)と羽沢横浜国大駅の両方が利用でき、商業施設もそれなりにあることから人口が増加している可能性が考えられますね。

また、24年には駅前に300戸を超える高層ビルが開業となりますので、人口増減も動きが激しくなることが予想されます。

今年(22年)の3月分のデータが公開されたらまた記事を書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました