羽沢横浜国大駅の周辺の地価(2020年)

3月21日国土交通省より、2020年の全国公示価格が発表されました。

相鉄都心直通プロジェクトの効果として見込まれる「沿線価値の向上」に関して、
新駅建設地である「羽沢南」を新駅周辺と定義し、土地の価値を毎年レポートします。

今年は相鉄・都心直通線、「羽沢横浜国大」が開業しました。
基準地価はこちらから確認できます。

2020年の新駅周辺の地価

羽沢横浜国大地価

羽沢横浜国大 地価

2020年の新駅周辺の地価は20万0000円/m2でした。
坪単価にすると66万1157円/坪となります。

前年の2019年が18万4000円/m2なので8.7%の地価上昇となります。
神奈川県住宅地の地価上昇率トップでした。

 

地価の上昇の推移

2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2016~20年
価格 前年比 価格 前年比 価格 前年比 価格 前年比 価格 前年比 合計変動率
169,000 173,000 2.37% 178,000 3.36% 184,000 3.37% 200,000 8.70% 18.30%

商業地も含めた横浜市神奈川区の地価上昇率が+4.24%、住宅地のみに区切ると横浜市が平均で0.3%の上昇ですので、今年は劇的な地価上昇でした。
当ブログで地価動向を追い始めた2016年からは18.3%の上昇となりました。

3年後の東急線との直通に向けたこれからも地価が上昇しそうです。